奇跡の果実を守るための商品開発




~太陽の恵みを未来へつなぐサスティナブルな物づくり~

野生の実生ゆずは種から育ち、実がなるまで18年かかる貴重な果実でありながら、 果汁のみをジュースやジャムなどに加工されることが殆どで、皮や種などは産業廃棄物として処理されていました。「もったいない」という想いに突き動かされ、専門家の方々に協力のもと試行錯誤しながら研究を重ねた結果、廃棄されていた部分に、とてつもない美容成分があることを発見し、果汁を絞った後のゆずを購入し「皮」「種」「わた」に分別して商品開発することで廃棄ゼロを目指しています。

種子 種子に豊富に含まれる天然の保湿成分「ペクチン」を抽出。
また植物の抗酸化物質のファイトケミカルも多く含まれています

果汁ジャムやジュースに加工されます。
果汁を絞った後、「皮・わた・種」に分別します。

わた 只今、研究中!研究機関で優れたデータが得られました。
現在商品化に向け研究中、実現すれば果実丸ごとの廃棄ゼロ」が達成できます。

自然の恵みを最大限に享受するためにうまれた独自の蒸留方法

ピュトンの製品づくりに欠かせないこだわりが、皮に多く含まれる
「精油」と「芳香蒸留水」を 抽出する「水蒸気蒸留法」
フレッシュな香りと生まれたままの成分を活かすため、 ひとつひとつ時間をかけて、
全ての工程をYuzu factoryで丁寧に抽出しています。
蒸留が終わった後の皮は堆肥として生まれ変わり循環型廃棄ゼロが実現します。

.

Yuzu factoryで蒸留できるゆずのオイルと果皮水の量は、 ほんのわずかなのですが、ピュトンの商品づくりにはこの希少な雫をふんだんに注ぎ込み、大地から受け取った大切な恵みをあますことなく活用しています。 柑橘類にはフロクマリン等、紫外線に当たると皮膚に刺激を与える 光毒性の原因となる成分が含まれますが、水蒸気蒸留法で 抽出する事でその問題も解決しました。

芳香蒸留水は優れた保湿性と肌になじみやすく紫外線ダメージを 受けた肌や、刺激に敏感な肌には化粧水の前に使用する事で 肌に潤いのベールをつくり刺激などを和らげます.


スキンケアブランドphytonの誕生

私たちは、長年、ホリスティックセラピーのサロン現場で、肌のトラブルの悩み、 数値には異常が無いが日常生活がつらい、切実な悩みを抱えるお客様と出会い関わる内に、 培ってきた経験を活かして表面的な美しさだけでなく、心と体が健康的に癒される安心して 使用できる物を提供したいと強く思いスキンケアブランドphytonを設立しました。

phytonのwildyuzuシリーズは。全国でも希少価値の高い 大阪箕面の 野生の実生ゆずの皮から抽出した精油、 芳香蒸留水、種から抽出した種子エキスなどの 天然由来成分主成分とし、化学合成物質未使用にこだわっています。

phytonは古代ギリシャ語で[植 物]を表します。植物は、決して優しいだけのものでは有りません。 その生命力の強さや、植物の持つ素晴らしい力を正しく最大限に活かすには、 植物療法士ならではの知識と経験が必要です。

実生ゆずや植物の生態を知り、実際に何度も自分で試し「肌感覚」だけでなく どの成分がどのような役割があるのか 大学や研究所などで実際にデータやエビデンスをとり 科学的な側面からも徹底的に研究を繰り返してきちんと裏付けされた内容をもとに商品を開発しています。